二重まぶたの施術やタトゥー除去も|湘南美容外科の高い技術を期待

婦人

タトゥーを消すには

脇

医療機関へ行く必要がある

近年ではタトゥーすなわち刺青もファッションの1つとしてかなり市民権を得てきていますが、禁忌として敬遠される風潮も根強く残っています。そのため、就職や結婚などの環境の変化を機にタトゥー除去を望む人もかなりの数にのぼっています。タトゥー除去にあたってまず知っておかなければならないのは、タトゥーは簡単に消すことはできないということです。洗剤などで洗って落とすなどということはできるはずもなく、必ずクリニック等の医療機関による治療が必要になります。タトゥー除去を取り扱っている医療機関は、主として美容外科を標榜しているクリニックです。こうしたクリニックでは、外科手術によってタトゥーを取り除く治療を行っています。また最近ではレーザー治療も普及しはじめており、これからの主流となるものと予測されています。

完全解決には時間がかかる

クリニックで行われるタトゥー除去には、大きく分けて3つの方法があります。1つめは、タトゥーの入った部分の皮膚を切り取り、切り口の両側から皮膚を引っ張ってきて縫い合わせるというものです。2つめは、皮膚の表面を薄く削り取り、そこに身体の別の部分から採取した皮膚を移植するというものです。そして3つめはレーザー治療です。これは色素の入った部分の皮膚をレーザーで焼き、新しい皮膚に再生させるというものです。これらの治療を受ける際に注意すべき点としては、傷痕の問題があります。前の2つの治療法に関しては、時間が経てばかなり目立たなくなるもののある程度の痕は長く残ります。レーザー治療に関してはメスを入れるわではないため治療痕はほとんど目立ちませんが、その代わり1回に施術できる範囲が限られるため、大きめのタトゥーを消すには何度も治療を受ける必要があります。いずれにしても思い立ったらすぐに消せるというものではないため、除去には計画性が必要です。タトゥー除去も大きな手術ですが、フェイスリフトも顔の中に糸を入れたりするので、大きな手術となります。失敗しないように、医院を厳選するべきです。タトゥー除去をする際にはそもそもタトゥー除去をしてくれるところを探しますが、フェイスリフトをする時にも得意としている医院を利用すれば失敗はないといえます。

Copyright © 2017 二重まぶたの施術やタトゥー除去も|湘南美容外科の高い技術を期待 All Rights Reserved.